次の国試まであと半年ちょっと。そろそろ国試対策について気になり始める季節ですね.
この連載では全3回にわたって,国試対策について紹介していきます。

第1回:きほんの「き」(本記事)

第2回:はじめの一歩

第3回:座談会

 

第1回 きほんの「き」

国試っていつ,どこで受けるんだっけ….
私よくわかっていないし,トマト,教えてくれる?

わかったわ!
まずは基本事項を確認してみましょう.

 

Check1 試験日は3月上旬の日曜日


第34回国試は2020年3月1日(日)です.

 

Check2 試験実施都市は全国に8箇所


自分がどこの試験会場で受験するかは交付される受験票で確認します.

 

Check3 試験当日のスケジュール


試験は1日のなかで午前午後に分かれて行われます.合計時間はなんと5時間5分! かなりの集中力が必要となります.

 

Check4 各科目の出題内容

科目 問題数 キーワード
社会・環境と健康 16 「社会と健康」,「環境と健康」,「健康,疾病,行動に関わる統計資料」,「健康状態・疾病の測定と評価」,「生活習慣(ライフスタイル)の現状と対策」など
人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 26 「人体の構造」,「アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質・拡散の構造と機能」,「生体エネルギーと代謝」,「アミノ酸・たんぱく質・糖質・脂質の代謝」など
食べ物と健康 25 「人間と食品(食べ物)」,「食品の分類,成分及び物性」,「食品の機能」,「食品の安全性」,「食品の表示と規格基準」,など
基礎栄養学 14 「栄養の概念」,「食物の摂取」,「消化・吸収と栄養素の体内動態」,五大栄養素,「水・電解質の栄養的意義」,「エネルギー代謝」
応用栄養学 16 「栄養ケア・マネジメント」,「食事摂取基準の基礎的理解」,「成長,発達,加齢」,各ライフステージごとの特徴と栄養アセスメント・ケアなど
栄養教育論 13 「栄養教育のための理論的基礎」,「栄養教育マネジメント」,「理論や技法を応用した栄養教育の展開」
臨床栄養学 26 「臨床栄養の概念」,「傷病者・要介護者の栄養ケア・マネジメント」,「疾患・病態別栄養ケア・マネジメント」
公衆栄養学 16 「公衆栄養の概念」,「健康・栄養問題の現状と課題」,「栄養政策」,「栄養疫学」,「地域診断と公衆栄養マネジメント」,「公衆栄養プログラムの展開」
給食経営管理論 18 「給食の概念」,「給食経営管理の概念」,「栄養・食事管理」,「給食経営における品質管理,生産管理,提供管理」,「給食の安全・衛生」
応用力問題 30 「栄養管理」

(「」内は管理栄養士国家試験出題基準(ガイドライン)改定検討会報告書より一部抜粋)

 

10科目それぞれ出題される問題数は決まっています.
第34回国試では応用力問題の問題数が20問から30問へ増えました.
(詳細は厚生労働省HPをチェック!)

 

Check5 国試の受験者数と合格率


緑の折れ線グラフが合格率です.この2年間は全体の合格率が60%程度で安定していますね.
ちなみに新卒の合格率は平均で約95%,既卒は約20%となっています.

 

―――第1回はここまで。次回は「国試対策はじめの一歩」.
どうやって対策するべきかという基本の考え方をご紹介します!