【7月1日発売?】『RB2021』の改訂ポイント① ~ガイドライン,法律,統計データの変更を反映~

【7月1日発売?】『RB2021』の改訂ポイントで紹介した改訂ポイントのうち,まずは,最新情報の反映について見ていきましょう.

管理栄養士国家試験ではさまざまなガイドラインや法律,統計データが出題されます.これらは更新・改訂され,毎年何かしらの情報が最新のものに変化していきます.国家試験を受ける際には,これらのデータを最新の状態でおさえておく必要があります.

今回の記事では,『RB2021』で反映した最新情報についてご紹介します.

『RB2021』に反映した主なガイドライン,法律,統計データ

日本人の食事摂取基準(2020年版)

気になっている方は多いかと思いますが,2019年12月24日に「日本人の食事摂取基準(2020年版)」が厚生労働省HPにて公表されました.「食事摂取基準」とは,国民の健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギー及び栄養素の量の基準を定めたもので,5年毎に改定が行われます.管理栄養士国家試験では主に5章・応用栄養学,8章・公衆栄養学で,毎年5問ほど出題される重要項目です.

次の第35回国試から2020年版が適用されるため,『RB2021』では改定の内容を反映しています.『RB2020』で記載されている内容の変更はもちろん,今回の食事摂取基準改定のポイントである①年齢区分の変更や②目標量とエビデンスレベルの部分についても内容を追加しています.

①年齢区分の変更を反映

②目標量とエビデンスレベル

国民健康・栄養調査

国民健康・栄養調査とは,健康増進法に基づき,国民の身体の状況や栄養素などの摂取量や生活習慣の状況を明らかにし,国民の健康増進の総合的な推進を図るための基礎資料です.毎年行われる調査で,『RB2021』は平成30年国民健康・栄養調査の内容に準拠しています.国試では主に1章・社会環境と健康,8章・公衆栄養学で出題される内容で,今年の第34回国家試験では4問出題されています.

『RB2021』では,今回の調査結果のうち,特に国試で出題されやすい項目を中心に反映しています.

令和2年度診療報酬改定

2020年3月5日に,厚生労働省より令和2年度診療報酬改定が公表されました.診療報酬とは保険医療機関などが行う診療報酬に対する対価として公的医療保険から支払われる報酬のことで,2年に1度改定が行われます.国試では7章・臨床栄養学や9章・給食経営管理論で毎年3問ほど出題される分野です.

『RB2021』では,今回の改定のうち,国試でよく出題される項目を中心に反映しました.

下の表は栄養食事指導料の算定に関する表で,外来栄養食事指導料2と在宅患者訪問栄養食事指導料2が新設されたことや外来栄養食事指導料1で情報通信機器の使用に関する算定条件が追加されたため,反映しています.

最後に

他の項目も最新の情報を更新しているところは他にもたくさんあります.また,最新情報の更新状況をまとめたデータを近日中に公開する予定なので,併せてチェックしてみてください!