〈ラストスパートを走り切る 効率的な国試対策法②〉よく出るテーマランキング!

はじめに

管理栄養士国家試験は,厚生労働省が決めた「出題ガイドライン」に沿って出題されます.

この出題ガイドラインは,全部で1106項目(小項目)あるのですが,
実際の試験では全部がまんべんなく出題されるわけではなく,
よく出るテーマあまり出ないテーマ」に分かれます.

そこで,第30~34回(2016~2020年)管理栄養士国家試験で出題された問題の選択肢(n=4,383)ひとつひとつに,出題ガイドライン(2020年版)の小項目を割り当て,出題頻度の分析をしました.

どのテーマの問題がよく出るのかランキングにしてみたので,まずはみてみましょう!

 

よく出るテーマランキング

 

順位 小項目名 科目
1 大量調理施設衛生管理マニュアル 給食経営管理論
2 栄養補給法 臨床栄養学
3 咀嚼・嚥下障害 応用栄養学,臨床栄養学
4 カウンセリングの基礎的技法 栄養教育論
5 CKD(慢性腎臓病) 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち,臨床栄養学
6 施設と設備 給食経営管理論
7 細菌性食中毒 食べ物と健康
7 食品加工の方法 食べ物と健康
7 栄養アセスメントの具体的方法;問診,臨床診査,身体計測,臨床検査,栄養・食事調査 臨床栄養学
7 糖尿病 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち,臨床栄養学
7 調査の内容・方法 公衆栄養学
7 健康増進法における特定給食施設 給食経営管理論

〈算出のルール〉
条件は以下のとおり.
◯最新5年分(第30~34回)を分析対象とした
◯選択肢ごとに出題ガイドラインの1項目(小項目)を当てはめた
◯採点除外や該当する小項目がないものはカウントから外した

 

第30~34回でのランキングトップは「大量調理施設衛生管理マニュアル」でした.
『RB2021』では17ページに渡って掲載され,覚える内容が多いテーマですが,
その分,国試でもよく出題されていると考えられます.

 

また分野に注目してみると,
臨床栄養学」「給食経営管理論」の2分野が多かったです.

特に「臨床栄養学」では,栄養管理との関連が深いテーマ(疾患や治療法,アセスメント等)が上位に入っているのが印象的でした.

これらランキング上位の項目については,
毎年ほぼ必ず出題されているため,
確実に点数が取れるよう優先的に対策するべきだと思います.

そこで,次回から
上位のテーマの出題傾向(特に出題されている問題の例等)を少しずつ紹介していきます.