今回は「よく出るテーマランキング」第7位「調査の内容・方法」を紹介します!

テーマ概要

「調査の内容」は、栄養疫学における「食事調査法」のことを指します。食事調査法にはいくつか種類がありますが、測定の正確性と簡易性は概ね反比例します。それぞれの方法に長所短所があり、調査の目的実現可能性を考慮して適当な方法を選択するべきです。主に公衆栄養学で出題されています。

 

出題傾向

各食事調査法について、その特徴や他の食事調査法と比較した時の長所短所が問われています。主な食事調査法4つについて、概要と例題を簡単に紹介します!

①食物摂取頻度調査法(RB-p819~)

食物摂取頻度調査法は、(1)ある食品を、(2)一定期間内にどのくらいの頻度で(摂取頻度)、(3)1回あたりにどのくらいの量を食べていたか、対象者に質問紙に記入してもらうことで調査し、習慣的な食品や栄養素の摂取量を推測する方法です。

 

24時間思い出し法(RB-p820~)

24時間思い出し法は、対象者の過去24時間の食事内容を調査者が聞き取る方法です。調査者は、対象者の報告をもとに、食品および栄養素摂取量を推測します。

摂取量をできるだけ正確に聞き取るために、フードモデルや食器、カラー写真などのツールが活用されます。

 

③食事記録法(RB-p821~)

食事記録法は、対象者に摂取するものとその量を全て、喫食時(喫食直前)に記録してもらう方法である。調査者は、対象者の記録をもとに、食品および栄養素摂取量を推測します。摂取するものの重さを計量器などで秤量する「秤量記録法」と、大きさや重さの目安や、市販品の容器に書かれている重量を転記する「目安量法」に分かれます。

 

陰膳法(Rb-p822)

陰膳法は、対象者が食べたものと同じ食事を同量用意し、科学的分析によって摂取量を測定する方法です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

34回148問

栄養素等摂取量の測定方法に関する記述である.最も適当なのはどれか.1つ選べ.

⑴ 食物摂取頻度調査法では,目安量食事記録法に比べ,調査員の熟練を必要とする.

⑵ 秤量食事記録法は,他の食事調査法の精度を評価する際の基準に用いられる.

⑶ 食物摂取頻度調査法の質問票の再現性は,生体指標(バイオマーカー)と比較して検討される.

⑷ 24 時間食事思い出し法は,高齢者に適した調査法である.

⑸ 陰膳法による調査結果は,食品成分表の精度の影響を受ける.

正解(2)

 

33回155問

K市において,50歳代女性1,000人を対象とした個人の習慣的なカルシウム摂取量を把握するために,食事調査を行いたい.この調査法として,最も適切なのはどれか.1つ選べ.

⑴ 食事記録法(秤量法)

⑵ 24時間食事思い出し法

⑶ 半定量式食物摂取頻度調査法

⑷ 陰膳法

正解(3)

 

32回154問

食事調査法に関する記述である.正しいのはどれか.1つ選べ.

(1) 秤量記録法は,対象者の負担が小さい.

(2) 秤量記録法は,1日で個人の習慣的な摂取量が把握できる.

(3) 24時間思い出し法は,面接方法の標準化が必要である.

(4) 陰膳法は,対象者の記憶に依存する.

(5) 食物摂取頻度調査法は,他の食事調査法の精度を評価する際の基準となる.

正解(3)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

対策

レビューブック管理栄養士2021』ではp819~822でそれぞれの食事調査法について説明されています。p822~823と『クエスチョン・バンク2021』p739では、表で並べてあるため比較がしやすくなっています。

それぞれの調査法にどんな特徴があって、長所・短所は何か以外にも、〈33回155問〉のように、状況(条件)が設定されている問題で、これに合う食事調査法が選べるよう、問題演習をしておくことも大切です。

 

>>ランクインした他のテーマはコチラ

第1位:大量調理施設衛生管理マニュアル
第2位:栄養補給法
第3位:咀嚼・嚥下障害
第4位:カウンセリングの基礎的技法
第5位「CKD(慢性腎臓病)」
第6位「施設と設備」
第7位「食品加工の方法」
第7位「細菌性食中毒」
第7位「栄養アセスメントの具体的方法;問診,臨床診査,身体計測,臨床検査,栄養・食事調査」
第7位「糖尿病」
第7位「健康増進法における特定給食施設」