今回は「よく出るテーマランキング」第7位「健康増進法における特定給食施設」を紹介します!

テーマ概要

「特定給食施設」とは、特定かつ多数の者に対して、継続的に食事を供給する施設のうち、栄養管理が必要なものとして厚生労働省令で定めるもののことです。

レビューブック管理栄養士2021』では、p851~855に掲載されています。

 

出題傾向

主に、健康増進法施行規則に基づいた「栄養管理の基準」や、「管理栄養士・栄養士の配置規定」が問われています。

 

①特定給食施設の栄養管理(RB-p852~)

特定給食施設の設置者は、厚生労働省令で定める基準に従って、適切な栄養管理を行わなければならない、と定められています。健康増進法施行規則第9条の5つの「栄養管理基準」をしっかり覚えておきたいです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

33回161問

特定給食施設で提供される給食に関する記述である.誤っているのはどれか.1つ選べ.

⑴ 利用者の生活習慣に配慮する.

⑵ 利用者の身体状況に配慮する.

⑶ 利用者の嗜好に配慮する.

⑷ 利用者の望ましい食習慣の形成を目指す.

⑸ 利用者は全地域住民を対象とする.

正解(5)

 

32回163問

特定給食施設において,定められた基準に従い適切な栄養管理を行わなければならないと,健康増進法により規定された者である.正しいのはどれか.1つ選べ.

(1) 施設の設置者

(2) 施設の施設長

(3) 施設の給食部門長

(4) 施設の管理栄養士

(5) 施設の調理長

正解(1)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

②管理栄養士・栄養士の配置規定(RB-p852~855)

給食施設の種類や規模別に、管理栄養士・栄養士の配置規定が設けられています。また、特定給食施設のうち、特別な栄養管理が必要なものとして都道府県知事がしていするものの設置者は、管理栄養士を置かなければなりません。実際の問題では、選択肢に「1回◯◯食を提供する△△△(施設の種類)」が並び、適するものを選ぶ問題が多いです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

34回153問

健康増進法に基づく,特定給食施設と管理栄養士の配置に関する組合せである.

正しいのはどれか.1つ選べ.

⑴ 1回300食を提供する病院 配置するよう努めなければならない

⑵ 1回300食を提供する特別養護老人ホーム 配置しなければならない

⑶ 1回500食を提供する社員寮 配置するよう努めなければならない

⑷ 1日750食を提供する介護老人保健施設 配置しなければならない

⑸ 1日1,500食を提供する社員食堂 配置するよう努めなければならない

正解(4)

 

32回164問

健康増進法に基づき,管理栄養士を置かなければならない特定給食施設である.正しいのはどれか.1つ選べ.

(1) 1回100食を提供する児童自立支援施設

(2) 1回100食を提供する特別養護老人ホーム

(3) 1回300食を提供する病院

(4) 1日250食を提供する寄宿舎

(5) 1日500食を提供する24時間稼働の工場

正解(3)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

対策

『レビューブック管理栄養士2021』p852~855や『クエスチョン・バンク2021』p772~773に掲載されている表の内容をしっかり覚えましょう。ただ単に、”基準” や ”条件”を覚えるとなると大変なので、実際の問題を解いていきながらだと頭に入っていきやすいと思います。

特に、「管理栄養士・栄養士の配置規定」は、数字(人数について)が多く、さらに”必置”なのか、”努力義務”なのか分かれていたり、混乱しがちです。「事業所、1回100食または1日250食、栄養士、努力」みたいにリズムで覚える方もいるとかいないとか。

 

>>ランクインした他のテーマはコチラ

第1位:大量調理施設衛生管理マニュアル
第2位:栄養補給法
第3位:咀嚼・嚥下障害
第4位:カウンセリングの基礎的技法
第5位「CKD(慢性腎臓病)」
第6位「施設と設備」
第7位「食品加工の方法」
第7位「細菌性食中毒」
第7位「栄養アセスメントの具体的方法;問診,臨床診査,身体計測,臨床検査,栄養・食事調査」
第7位「糖尿病」
第7位「調査の内容・方法」