今回は 「よく出るテーマランキング」 第10位 「トータルシステムとサブシステム」を紹介します!

テーマ概要

トータルシステムとは、給食経営管理全体のことを指し、部門別のシステムであるサブシステムから構成されます。

 

出題傾向

過去5年分(31-35回)では、30の選択肢が出題されています。特に、トータルシステムの目的、トータルシステムを構成するサブシステムの種類・概要・評価の指標について問われることが多いようです。

『レビューブック管理栄養士2022』ではp893~894に掲載されています。

 

給食システム(RB-p894)

ここでは、トータルシステムとサブシステムの違いがよく出題されます。トータルシステムが給食運営の全体を統括するシステム、サブシステムがトータルシステムを構成する要素であることをおさえておきましょう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

35回154問

給食経営管理におけるトータルシステムに関する記述である.

最も適当なのはどれか.1 つ選べ.

 食材料を資源として投入し,食事に変換するシステムである.

 資源を組織的に組み合わせるシステムである.

 オペレーションシステムである.

 管理業務を単独で機能させるシステムである.

 7原則と12手順からなるシステムである.

正解(2)

 

34回154問

給食経営管理におけるトータルシステムに関する記述である.最も適当なのはどれか.1つ選べ.

 管理業務ごとにPDCA サイクルを回す仕組み

 複数の管理業務を連動して機能させる仕組み

 1か所の調理施設で集中して調理し,複数の施設に食事を提供する仕組み

 複数の施設の食材料を一括購入し,保管,配送をまとめて行う仕組み

 給食運営における費用収支バランスを管理する仕組み

正解(2)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

②サブシステムの主な種類と内容(RB-p894)

このテーマでは、サブシステムの「○○管理」がどういった内容で、どんな業務を行い、どのように評価するのかが問われます。それぞれのサブシステムの概要や、関連する業務内容をおさえましょう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

31回125問

34回155問

給食経営管理におけるサブシステムとその業務の組合せである.最も適当なのはどれか.1つ選べ.

 栄養・食事管理・・・調理従事者の健康チェック

 食材料管理・・・・・・調味の標準化

 品質管理・・・・・・・・労働生産性の分析

 生産管理・・・・・・・・調理作業の標準化

 施設・設備管理・・・在庫食品の棚卸し

正解(4)

 

33回162問

給食経営管理におけるサブシステムとその主な目的の組合せである. 正しいのはどれか.1つ選べ.

 栄養・食事管理・・・調理従事者の労働安全性を確保する.

 献立管理・・・・・・・・具体的な栄養量の基準を設定する.

 品質管理・・・・・・・・計画した食事・サービスを実現させる.

 安全・衛生管理・・・生産のためのハードウェアの購入を計画する.

 施設・設備管理・・・作業工程に沿った食事の生産を行う.

正解(3)

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

対策

まずは、トータルシステムとサブシステムの違いをおさえましょう。次に、サブシステムにはどういった目的があり、どんな内容なのかをおさえましょう。日々の業務内容と関連づけて覚えられるとベストです!

このテーマは『レビューブック2022』(p893~894)でしっかり解説していますので、チェックしておきましょう。

 

>>ランクインした他のテーマはコチラ

第1位:大量調理施設衛生管理マニュアル
第2位:栄養補給法
第3位:カウンセリングの基礎的技法
第4位:CKD(慢性腎臓病)
第5位:咀嚼・嚥下障害
第6位:食事摂取基準策定の基礎理論
第7位:糖尿病
第8位:細菌性食中毒
第8位:エネルギー・栄養素別食事摂取基準
第10位:脂質異常症